Categories
  • カテゴリーなし
Search

憧れの別荘生活

日本人にとって、別荘を持つのは憧れで、一部の金持ちにしか実現は難しいとされています。しかし、例えば北欧などでは、短い夏を楽しむ為の別荘を一般庶民が持つ事は珍しい事ではありません。
経済が停滞し、人々の暮らしに明るい話題が少ない今だからこそ、別荘を持ちませんか。仕事一辺倒で成功を求める暮らし方が見直されている現代に、別荘生活が新たな希望になるはずです。
別荘というと、生活全般に不便だというイメージがつきものですが、インターネットが発達した現在では、以前指摘されていた不便さの多くは解消できるはずです。余程の山奥でない限り、生活に必要なものを宅配してもらう事が可能ですし、医療分野も改善が進められています。今後はインターネットを利用した診察や健康診断システムの発展が予測されているからです。
教育の面でも、従来からの集団教育に疑問を持つ人も増えていて、山村留学なども実績を出している時代です。家族で一定期間別荘に暮らすという選択も間違いではないでしょう。
北欧のサマーハウスのような、一般庶民が気軽に利用できる施設が各地にあると助かります。国民休暇村や厚生年金基金で建築されたグリーンピアのような大型施設ではなく、ログハウス形式の家族単位の建物が有っても良いでしょう。この場合は、施設の管理が重要になってきます。ログハウスの内装にもこだわり、自宅よりもくつろげるインテリアを揃えるなどして、利用者が満足できるものにすれば、四季を通して利用者が見込めるはずです。

Archive